関節痛 予防

 

関節痛は、日常生活の過ごし方でも悪化したり、改善したりもします。筋力も影響してきますので、基本的には脚を動かす運動を取り入れるようにしましょう。

 

膝を動かそう

関節を動かす機会が減ると、膝周りの筋肉が衰えて、関節の負担も増して痛みが起こりやすくなります。改まってウォーキングなどの運動を取り入れようなどと考えるとなかなか実践できないかもしれませんので、まずはエスカレーターに乗らないとか、近所なら歩くようにするなど、日常生活の中で膝を動かす習慣を取り入れていきましょう。
また、ついてきた筋肉が固くならないよう、適度にストレッチをすることも有効です。

 

関節を冷やさないようにしよう

関節が冷えると、周りの筋肉が固くなったり、血の巡りが悪くなったりして筋肉自体が披露してしまいます。温熱効果のあるサポーターを着けたり、入浴などで膝を温めるようにしましょう。

 

関節に負担をかけないようにしよう

急な動き、重いものを持つ、不自然な姿勢は、関節を痛める原因になります。
急に立ち上がる、走り出す、急に立ち止まる、など、膝に負担をかける動作は極力しないようにしましょう。

 

 

トップページに戻る