北国の恵み 価格

年齢を重ねることで生じやすくなる「変形性膝関節症」の痛み

年齢を重ねることで膝の痛みを訴える方が多くなりますが、特に女性では50歳を過ぎたあたりから、膝の痛みを訴える方が多くなるのです。
中でも多くのケースは、「変形性膝関節症」と呼ばれる症状からくる痛みだと言われています。

 

変形性膝関節症ってなに?

膝の関節には骨と骨との間にクッションの様な働きをしてくれる軟骨がありますが、年齢を重ねると共にいくつかの原因が加わり軟骨が擦り減ってしまうケースがあります。変形性膝関節症は、膝の軟骨が擦り減ることで膝の曲げ伸ばしや動きが悪くなったりするもので、痛みを伴った腫れまで引き起こす病気と捉えて良いでしょう。
また変形性膝関節症は、原因によって一次性と二次性との分類されて考えられます。主な原因となる一次性は、軟骨の擦り減りを原因とするものですが、二次性は膝に加わった外傷や病気などが原因となって文字通り「二次的」に起こるものです。

 

膝の関節の軟骨が擦り減ることで痛みを生じるのが「一次性関節症」で、年齢を重ねた方に生じる変形性膝関節症の殆どを占めます。軟骨が擦り減ってしまうはっきりとした原因の特定は難しく、加齢による老化現象の他、肥満で膝に掛かる体重や女性ホルモンの影響など様々な原因が考えられ、膝痛に対して様々なサプリなどが紹介されているのもその現れだとも言えます。
二次関節症は年齢を重ねて生じるものではなく、膝関節の骨折や膝の靭帯損傷、半月板損傷などの外傷の他、リウマチ・痛風なども原因となるもので、年齢に関係なくスポーツや事故などが影響することもある症状です。

 

 

変形性膝関節症のツライ症状とは

初期の段階では、膝に「違和感」を覚えることから始まります。「痛い」と言うよりは、寝起きや椅子からの立ち上がり時に「膝のこわばり」から違和感を感じます。
徐々に症状が進行すると、しゃがむ姿勢を取ったり、階段の上がり下がりの際に痛みを感じる様になります。「あ痛たた〜っ」とつい口に出る様になった時には、変形性膝関節症が少し進行している状態だと言えるかもしれません。
更に症状が進むと、膝をピンと伸ばし切ることや踵をお尻につく様な完全に曲げることも難しくなってきたり、所謂「膝に水が溜まる」と言われる関節水腫を生じることになっていきます。

 

 

膝の動きが悪くなったり痛みを生じたら

あまり無理をして、そのまま様子を見続けるのは痛みの進行を早めてしまいかねません。早めに整形外科など専門医で相談されることをおススメします。整形外科医による視診・触診によるチェックや、実際に歩いてもらった感じ、更にレントゲンやMRI検査などで変形性関節症か否かを判断されます。
すぐに手術などの治療が行われることはありません。個人それぞれの症状に合わせたものになりますが、薬物治療や運動療法などでの治療が行われます。

 

年齢を重ねた方の膝の痛みの原因に多い「変形性膝関節症」ですが、症状が進行してからでは歩くことも億劫になるほど痛みが生じ、治療の為に病院へ通院することもままならなくなってしまいます。「何か膝がこわばるな」、「膝を曲げ伸ばしすると軽く痛みが生じる」など早めの段階で整形外科などへ相談に行かれることが良いと考えます。

 

 

トップページに戻る