北国の恵み 価格

膝に痛みがある時に手軽に利用できるのが湿布です。
ドラッグストアなどでも入手でき、あまりに身近なものですから、正しい知識がないままただ何となく貼っていることはありませんか?

 

ここで、湿布に関する正しい知識や選び方、貼り方などについて確認しておきましょう。

 

温感と冷感 どっちの湿布を使う?

湿布には「冷感湿布」と「温感湿布」というのがあります。

 

どういう症状にどちらを使うのか?迷うことありますよね。

 

冷感は急性の炎症に使う

足首をひねって火照っているとか、ぶつけて腫れているみたいな「急性の炎症」や、運動して筋肉痛になったときには冷感湿布がおすすめです。
患部の温度が少し下がるので、膨張感や熱感を抑えることができます。

 

 

温感は慢性の痛みに使う

腫れてはいないけど慢性的に痛いとか、コリがあるなどの痛みには温感湿布が良いでしょう。
加齢とともにだんだんと痛くなってきた膝痛に対してはこちらになります。

 

 

実は温感・冷感にはそれほどこだわらなくて大丈夫

湿布の中には「サリチル酸メチル」という消炎鎮痛作用のある成分が入っていて、これが湿布を貼る一番大切な目的となっています。
実は、この作用に対して、温めるか冷やすかはそんなに関係ありません。

 

ですので、どんな症状に対しても「温感か冷感かはどちらを使っても大差ない」ので、厳密に考える必要もなく、好みや楽になるほうを選んでもらっても大丈夫です。

 

温湿布は実際に湿布が温かくなるわけでなく、唐辛子成分が湿布に含まれていて、その刺激で温かく感じるわけで、慢性の痛みのときは、温感でも冷感でもどちらでも効果は同じです。

 

膝への湿布の貼り方

膝は良く動かす部分なので湿布がはがれやすいです。
ですので、なるべく剥がれないような貼り方をしましょう。

 

 

患部の汗やクリームは剥がれる原因になりますので、貼る前にキレイにしておきましょう。

 

製造年月が古い湿布は粘着力が落ちているので注意しましょう。

 

白い厚みのあるタイプより、肌色の薄いシールテープタイプの方が剥がれにくいです。

 

湿布に切り込みを入れて、よりフィットするようにしましょう。

 

貼った後は、筒状の膝用サポーターを巻くのも効果的です。

 

 

湿布の切り込みの入れ方について参考になる動画

湿布の注意事項

 

湿布の効果の持続時間は、商品によって異なりますが、長くても8時間ですので、それ以上貼るのは皮膚に負担をかけるだけです。

 

入浴前30分、入浴後30分は貼らないようにしましょう。

 

長時間同じ場所に貼るとかぶれたり赤くなったりしますので、少しずらしながら貼るか、間隔をあけて使用しましょう。

 

湿布で一時的に痛みは治まりますが、あくまで対症療法に過ぎませんので、湿布だけに頼らず、普段の生活習慣なども見直していきましょう。

ひざに痛みを感じると、多くの人がまず頼るのは湿布や塗り薬、マッサージといった処置だろう。しかし、正しい知識を持たねば十分な効果は得られない。

 

「患部に熱や腫れがあれば冷やし、治まれば血流を促すために温めるのが基本です。湿布や塗り薬には消炎鎮痛剤が含まれるので一時的に痛みは治まります。しかし磨り減った軟骨が再生するわけではないので、あくまで対症療法に過ぎませんので、普段の生活から見直さなくてはいけないことも多く、湿布に頼り過ぎないようにしましょう。